本日 57 人 - 昨日 36 人 - 累計 79277 人

ふじもり農園とは

  1. HOME >
  2. ふじもり農園とは
画像三世代で一生懸命、土から野菜を作ってきました。
十和田市で珍しい西洋野菜を作り続けている家族『ふじもり農園』。
父・母・祖母・兄。農産物に付けているシールをデザインした長女(本業デザイナー)、県外で頑張っている弟も応援してくれています。

藤森家はみんなが、それぞれの力を発揮して家業の農業を支えています。 ふじもり農園の主軸は、長芋とニンニク。この地帯は、やませ(偏東風)の影響で、夏でも涼しい気候を利用して、両品目の栽培が盛んな土地柄です。父は、「農業の職人になる」というほどの、熱心な農作物の研究家。しっかりとした技術で作ったうそのない良い作物を作ることを心がけてきました。




sorato2.jpg珍しい西洋野菜を作り続けて20年ー。
ふじもり農園では日本ではまだ珍しい西洋野菜を栽培しています。
今から約20年ほど前、県の事業で地域の農家を代表して12戸の農家と共に珍しい西洋野菜の栽培を習いました。
その事業が終わってからも、西洋野菜の美味しさに惹かれたふじもり農園一家は、試行錯誤しながら作り続けました。今では他の農家はやめてしまい、その頃の農家で作り続けているのは、ふじもり農園だけになりました。

「私達の美味しいと思う野菜をみんなに食べて欲しい」と、今では道の駅十和田の産直に出しています。購入したホテルのシェフは、地元で穫れる西洋野菜を気に入り、今では「こんな野菜が欲しいから作って」という要望するまでになりました。




1904270_586635908085650_675051577_n.pngふじもり農園で一生懸命作った野菜は、道の駅とわだで売っています。

★お問い合わせなどは、道の駅とわだ
●所在地:青森県十和田市大字伝法寺字平窪37番2号
●電話:0176-28-3790
●FAX:0176-20-8055